前へ
次へ

一般人の感覚とずれる法律的な判決

世の中には多くのトラブルが起きていて、それに対する裁判なども行われています。
非常に小さな出来

more

公立学校と私立学校での教員の立場の違い

義務教育として小中学校があり、その地区ごとに設置された学校で学べるようになっています。
決めら

more

時代に合わせてどんどん変えてほしい

法律のことはよく分かりませんが、時代の流れに合わせてどんどん変えていかなければならないとは何となく感

more

ボールを使っての遊びを禁止している公園での行為

公園にはいろいろなタイプがあり、よくある児童公園は少しの広場に遊具、さらにベンチなどがあります。
利用者の対象は比較的広く、幼児から小学生以上の学生、さらに一般成人や高齢者がベンチで休憩するなどもあるかもしれません。
児童公園においては一定の禁止事項等が設けられる時があります。
よく見かけるのはボールを使っての遊びの禁止でしょう。
ボールにはいろいろな種類があり、ゴムまりのような柔らかいものもあれば、硬式野球のボールやゴルフボールのような固いボール、バスケットボールのような大きなボールなどもあります。
形や柔らかさに関係なく基本的にはすべて禁止になります。
もしボール遊びを禁止している公園でボール遊びをしたとき、その行為自体が法律上の違反行為になるかは難しい所でしょう。
ただそれによって何らかのトラブルが生じたり損害賠償が必要な状態になると罰則や損害賠償責任が出てきます。
子供なら親が禁止の公園で遊ぶのを止めなかったとして監督義務違反を問われる可能性があります。

お住いのコーティング工事承ります

パンフレットやホームページ用に掲載するなら
日本最大級のいいね・フォロワー専門サイトだから安心して利用できます

あなたの愛車を磨き上げます
萱沼商事があなたの大切なお車をキレイにします

Page Top