前へ
次へ

各住宅の環境基準で騒音かどうかをチェック

住宅を購入したり借りたりするとき、その物件そのものの住みやすさも重要ですが環境もチェックしないといけないでしょう。
駅から近いと住みやすそうですが、駅や鉄道の音、その他お店や歩行者の音などがそれなりにする可能性があります。
一方閑静な住宅街ならほとんど音がしないところもあるでしょう。
音によって生活が阻害されることはそれなりにあり、裁判などでも争われることがあります。
法律においては環境省が定める環境基準である昼55デシベル、夜45デシベルを超えているかどうかで判断されるときがあります。
音で悩んでいるなら住んでいる地域の音を調べて、超えているようなら訴えてみてもいいでしょう。
環境省が定める基準は一般的な基準であり、閑静な住宅街の中には静かさを売りにしているところもあります。
静かだからと地価が高くなっているところもあり、その時は別途地域ごとの基準を設けているときもあります。
環境省の基準よりも低くても、その地域の基準を超えていると訴えることができるかもしれません。

Page Top