前へ
次へ

音や臭いの問題でどんな解決を求めるか

生活をしていて気になることとして音や臭いがあるかもしれません。
元々それらがあったのを気づかずに済み始めることもあれば、長年何の問題もなかったのに急に問題が出てくることもあります。
臭いや音は気になりだすとストレスがたまるようになり病気になりかねません。
法律の権利を利用して訴えることもできます。
音や臭いの問題においてはまずは損害が生じている事実を認めてもらう必要があります。
そしてこれまでに受けた損害に対する損害賠償を求めると良いでしょう。
個人ではなかなか損害賠償額などの計算は難しいでしょうから、法律の専門家に細かく計算をしてもらいましょう。
では損害賠償を受ければ解決するかですが、それはあくまでも過去の部分の損害になります。
音や臭いがなくならなければ将来的に損害が発生し続けます。
裁判に勝って損害賠償を受けられるより、将来的に音や臭いの問題がなくなるかどうかを中心に話を進めていくよう専門家にお願いしましょう。

Page Top